福岡大学医学部整形外科教室ホームページへようこそ!

福岡大学整形外科とは

昭和47年に開講し、現在、同門会会員は300名以上、関連病院は、北海道から沖縄まで全国に30施設以上を有する、わが国でも有数の臨床実績を誇る整形外科学教室です。例年、多くの後期研修医を受け入れ、活気に溢れており、最も大きな特徴は、個人の自主性を最大限尊重し、かつ、その能力を発揮することができるようきめ細かな配慮をしていることです。
2019年は、大学病院では年間1,600件以上の手術を行い、スポーツを含めた整形外科の全分野を確実にカバーしています。さらに、関連病院をあわせた手術件数は年間28,000件以上(2019年)に上ります。
その中には、プロ野球選手をはじめトップレベルのスポーツ選手を治療する医療機関も多数あり、幅広い分野にわたる臨床力の習得ができる環境の中で、充実した研修を受けることができます。

福大整形外科のミッション

大学病院である以上、臨床・教育・研究の全てをバランスよく行うことが求められています。私たちのモットーは、
① 臨床:患者さん中心の医療
② 教育:良質な臨床医・整形外科専門医の育成
③ 研究:臨床そして患者さんに還元できる研究

を行うことです。

①患者さん中心の医療

医療の進歩と共に、整形外科分野においても様々な治療法の開発がすすめられてきました。現在は、色々な意味で多様化が尊重される時代です。
治療においても、「患者さんに最も適した医療」を提供すべきです。
多彩な、そして高度な医療技術を持ち合わせ、患者さんと十分に相談したうえで、「最も適切な医療」を提供できるようにしています。

②良質な臨床医・整形外科専門医の育成

大学は教育に関する最高学府であることから、医学教育にも力を注いています。
医療の原点は、「思いやり」です。患者さんのみならず、全スタッフに対する「思いやり」の気持ちなくしては、良い医療はおよそ成り立たちません。
専門的知識の習得はもちろんですが、「思いやり」をもった良質な医師の育成に努めています。
そして、整形外科専門医の育成には、全国でもトップクラスの病院と緊密な連携のもと、「全分野を網羅した素晴らしい研修プログラム」を提供しています。
加えて、最近のスポーツ整形外科に対するニーズの高まりにもしっかりと対応できるプログラムです。
そして、研修先の決定においては、「個人の希望が最優先」されていることはいうまでもありません。

③臨床そして患者さんに還元できる研究

大学は研究を行う場でもあります。大学院での研究あるいは留学を希望する場合、積極的に、そして可能な限り希望に沿い、国際的なリサーチマインドの涵養に努めています。
「臨床に還元できる研究」、「患者さんに還元できる研究」をモットーに、日々研究にも力を注いでいます。

福岡大学医学部整形外科学教室
教授 山本卓明
Takuaki Yamamoto

専門グループ

教育面では卒後教育として30の関連病院と綿密に連携をとり、大学では運動器疾患の基礎知識の習得、
研究を主に、関連病院では主に技術の習熟に力を入れ整形外科医の育成に努めています。

  1. 股関節グループ

    教授 山本卓明、講師 木下浩一・坂本哲哉、助教 小林知弘・瀬尾哉・松永大樹で診療を行っております。 外来は水曜午前に新患、火午後・水曜午後に再診の診療を行っております。

  2. 膝関節グループ

    膝班は膝関節温存と膝機能再建を目的として、スポーツや交通外傷をはじめ...

  3. 肩関節グループ

    五十肩からスポーツ障害、外傷や骨折まで、肩関節に関するあらゆる病態に対応...

  4. 足の外科グループ

    足関節および足部の疼痛で悩まれる患者さんは数多くおられます。ところが膝や...

  5. 脊椎グループ

    脊椎・脊髄グループは肩こり・腰痛、手足のしびれ・痛みの原因となる頚椎から...

  6. 手外科グループ

    絞扼性神経炎、特に 手根管症候群 に対して最小侵襲の 鏡視下手術を多く行っており...

  7. 小児整形外科グループ

    先天性筋性斜頚、先天性内反足 とともに 先天性股関節 脱臼、ペルテス病・大腿骨頭...

  8. 骨・軟部腫瘍グループ

    小児から高齢者にわたる転移性を含めた骨軟部腫瘍全 般を対象に治療を行ってい...

  9. 関節リウマチグループ

    年間登録患者数は約700人と豊富な経験が蓄積されてきています。リウマチのみならず...

  10. 骨粗しょう症について・医療設備

    汗がでる程度の運動やカルシウム摂取など、骨折を未然に防ぐための生活習慣の...

診療案内・アクセス

詳しくはこちら

〒 814-0180 福岡市城南区七隈7-45-1
TEL: 092-801-1011(代表)
内線 3465 / 3466外来 4653病棟 2430
電話やEmailでの病気や治療に関するご相談は一切お受けしておりません。
疾患の専門性からどの曜日に受診すべきかご不明な場合は、整形外科外来までお電話でご相談ください。

【初診】午前8:30~12:00 休診休診
【再診】午前8:30~15:00 休診休診

【休診】 土曜・日曜・祝日・振替休日・8月15日・12月29日〜1月3日

PAGE TOP